5mmの無垢ステンレス板の小口仕上げ

5mmの無垢ステンレス板の小口仕上げ

5mmの無垢ステンレス板の小口仕上げ

今回はワークトップ天板で近頃お問い合わせが多い、5mmの無垢ステンレスワークトップ天板の小口仕上げをご紹介いたします。

通常のワークトップ天板は1.0㎜~1.5㎜程度のステンレス板を折り曲げ加工してワークトップ天板を製作していきますが、

5mmのステンレス板を使用する場合は、折り曲げ加工はしないでそのまま5mmの板厚を見せる仕様になります。

その場合の小口仕上げが3種類ありますのでご説明していきます。

 

ワークトップ天板の表面仕上げはヘアラインで、小口仕上げもヘアラインになります。

5mmの小口ヘアライン仕上げが重厚感を演出してくれます。

ワークトップ天板の表面仕上げはバイブレーションで、小口仕上げもバイブレーションになります。

5mmの小口バイブレーション仕上げが高級感を演出してくれます。

ワークトップ天板の表面仕上げはヘアラインで、小口仕上げは鏡面になります。

ヘアラインと鏡面はシンプルにカッコいいですよね!

ワークトップ天板の表面仕上げはバイブレーションで、小口仕上げは鏡面になります。

バイブレーションと鏡面の組み合わせは2倍、3倍とカッコ良さに拍車がかかります!

 

上 鏡面

中 ヘアライン

下 バイブレーション

5mmの無垢ステンレスワークトップ天板

今回の5mmステンレス板は、100角程度のカットサンプルでご紹介させていただきました。

5mmのワークトップ天板の加工範囲は、間口2900㎜ × 奥行900㎜程度になります。それ以上の大きさは都度ご相談させてください。

もちろんガス穴開口や手板金シンク、プレスシンクの溶接取り付けも可能ですのでお気軽にお申しつけください。

表面仕上げと小口仕上げの自由な組み合わせで、オリジナルワークトップ天板のお手伝いをさせてください!